2016年 日本酒プロジェクト

2013年7月、みんなの党から参議院選に立候補させていただきました。しかし、残念ながら次席で落選でした。
そしてみんなの党の解党劇です。みんなの党を信じて投票してくださった県民の皆様、日本全国の応援してくださった国民の皆様の信頼を裏切ってしまい、政治不信をさらに煽るような結果になりました。
私も一時は政治不信に陥りました。

しかしだから私は決めました。口でなんだかんだ言うよりまず行動で示そうと!

私は農業政策を第一に掲げ立候補させて頂きました。
TPPは時の流れに逆らえない。それならTPPが来ても負けない農業政策を推し進めよう。

私は無農薬ワインをこの手で作って来ました。
その実践体験を生かし、私なりの農業政策実現をこの手で行い、茨城県の皆様に証明しよう!
石原じゅん子は口だけでなく、実際に強い世界に打ち勝つ農業をして、私という人間を判って頂きたいと思ったのです。

ワイン作りしか知らない私が何が出来るのか?
茨城県で世界に勝てる第六次産業は何か?

そうだ、日本酒を造ろう!
それを茨城から世界に発信しよう!と思いました。

日本酒プロジェクト2
2014年の夏に水戸技術センターで若い杜氏さん候補の人達と2ヶ月日本酒作りを学びました。
そして2015年、茨城県常陸太田市の剛裂富永酒造店さんとコラボで私が実際に酒蔵に入り、この手で自ら日本酒を作りました。

その日本酒を2016年5月、日本市場で発売と同時にヨーロッパで発表し、沢山の注文を頂きました。

今迄一切政治活動を宣言しなかったのは、この自分の政策を実現してから!と決めていたからです。

大変遅くなりました。私は自分の言っていたことを行動で示しました。

規制があるので、正式に100%私だけのお酒を造るのは、まだまだ時間が掛かると思います。
このスピード感のなさが、日本酒業界を衰退させてます。
つまらない机上の政策を口で唱えるのは簡単ですが、現実主義の私は国際的に通じる日本酒で勝負をしたいと思い実行しました。

茨城県は農業王国です。
日本だけでなく世界を相手にしたいと私は思っております。

一緒に茨城県の農業を強くしましょう。

どうか一緒に、どうすれば一歩を踏み出すことができるのかを私と一緒に考えていきましょう。

IMG_0323 IMG_0340 IMG_0345
ページトップ